Explore An Occupation

トラックドライバーの求人選びで特に重視したいポイント


決まった曜日に休みが取れるか確認しよう

トラックドライバーの仕事を長く続けるには、求人選びの際に給料の高さや仕事内容ばかりでなく、決まった曜日にしっかりと休みが取れるかどうかじっくりと確認することがとても大切です。特に、長距離トラックのドライバーとして就職をする場合には、体力面の負担が大きくなりやすいため、慎重に勤務先を決めることが重要となります。最近では、ドライバーの早期の離職を防ぐため、毎月の休日の日数を増やしたり、正社員の他に契約社員やアルバイトなどの働き方を選択できるようにしたりする運送会社も多くあります。なお、休みの取りやすさについては、実際に入社をしなければ分からないこともあります。そうした中、就職後に休日について悩まないためにも、面接を受ける前に興味がある会社の採用担当者や現役のドライバーに話を聞いてみると良いでしょう。

ドライバーの主な営業エリアについて調べておこう

トラックドライバーの営業エリアは、勤務先の事業内容や顧客のニーズなどに大きく左右されます。一般的に、長距離トラックのドライバーは、年間を通して全国の顧客や取引先を回ることが多く、高収入を得やすいものの、生活のリズムが不規則になりやすい傾向が見られます。一方で地域内の固定客のもとを巡回するルート配送のドライバーは、長時間の残業が無かったり、土日祝日に休みを取れたりするケースが多く、終業後の時間を有意義に使えるといったメリットがあります。そこで、一箇所の職場でキャリアを積みたい人は、色々な運送会社の求人に目を通して、時間を掛けて自分に向いているドライバーの職種を見つけることが肝心です。

トラックドライバーの求人は豊富な運転経験も求められますが、それ以上に無事故無違反の優良ドライバーであることが重要な条件です。安全運転を第一に考えるドライバーは雇用する側も重宝する存在と言えます。