Explore An Occupation

ドライバーの種類!メリットとデメリットとは


トラックだけでなくルート営業車もドライバー

仕事内容のメインが車の運転という分かりやすい職業のため、ドライバーをやろうと考えている人が増えています。特にトラックドライバーは人手が足りないと言われており、引く手あまたの状況なら待遇も良いものとなるでしょう。しかし車を運転すると言っても、長距離ドライバーとタクシードライバーでは仕事内容がかなり異なります。そしてそれ以外にもドライバーという職業にはいくつもあるのです。

荷物を運ぶという意味では同じですが、長距離トラックドライバーとルート営業車のドライバーとではかなり違います。ルート営業とは同じ取引先の会社に頻繁に荷物を運ぶ仕事で、小さいものなら乗用車タイプの車で行えます。しかしドライバーの仕事としてはかなり人と接する機会が多く、半分営業みたいなものなので普通のドライバーとイメージが違うかもしれません。

トラックドライバーのメリットとデメリット

ドライバーのメリットは何と言っても自分だけの時間が作れることです。積み下ろしがどんなに大変だったとしても、その時間が仕事している時間の半分以上になることはなく、8割ほどは運転の時間になります。時間が迫っている時でなければ昼休憩も自由度が利き、地方の飲食店に詳しいトラックドライバーは多いと言います。

デメリットとしては仕事が逼迫している時でもギブアップしにくい点です。この荷物を届けるまで終われない、しかし定時はとっくに過ぎていて道は渋滞している。そんな状況でも逃げられません。トラックドライバーの分かりやすいデメリットと言えるでしょう。

タクシーの滋賀 のドライバーの求人は人を運ぶだけではありません。観光案内をしたり、通院をサポートしたりとサービスはいろいろあります。