Explore An Occupation

何を重視するかによって違う!警備員の求人を探す時の見極めポイント


自分の希望する雇用形態が用意されているか

施設やビルの安全を守ることを主な仕事としている警備員の雇用形態は、アルバイトや正社員など会社によって様々です。求人募集に応募をする時は、自分の希望する働き方ができるかという点をしっかりと確認しなくてはいけません。ただし、正社員登用は大半の所が経験者のみという規定になっているため、未経験で入る場合はアルバイトから初めて、将来的に正社員を目指す形になります。

無理のない働き方ができるか

警備員の勤務は大半の所が日勤と夜勤の2種類になりますが、どういった形で仕事をするかは会社によって様々です。求人募集でシフト勤務と記載されていた場合、日勤と夜勤を交代で行う形になります。現場単位と記載されている会社は、その都度自分の好きな方を選ぶことが可能です。学校に通いながらアルバイトとして働くのであれば、口述した現場単位の勤務を選ぶことで無理のないペースで働いていけます。

賃金の額と支払い方法の確認

仕事をする上で重要なポイントとして挙げられるのが賃金です。警備員の給料は大半の所が1現場ごとに支払われる日給制ですが、中には月単位で払う月給制の所もあります。すぐにお金が欲しい人は日給制、まとまったお金を手にしたい人は月給制など、自分の希望する支払いシステムに一致している所を選ぶことが大切です。同じ仕事内容でも会社によって給料は異なります。特に夜勤の給料は数千円単位で変わるケースも珍しくないので、夜勤専属での勤務を希望する人は複数の会社で比較検討をして決めるのがコツです。

警備員の求人はアルバイトや正社員など様々な雇用形態があります。働き方も、会社によっては日雇い可能だったり、連休時だけでも労働可能だったりと、自身の生活に合わせた柔軟な働き方が出来ます。