Explore An Occupation

通常の賃貸物件とは違う?マンスリーマンションならではのメリット


短期間での利用が気軽にできる

出張や受験などで一時的に別の場所に滞在をする場合に、頭を悩ませる人も多いのが生活の拠点選びです。一般的な賃貸物件の場合、2年契約が基本となっているため、数ヶ月や半年程度の利用では費用が無駄になってしまいます。マンスリーマンションは文字通り月単位での契約となるため、滞在期間に柔軟に対応できるのがメリットです。不動産業者によって若干の違いはありますが、大半の所が最長1年間まで契約が可能となっているため、予定より期間が延びても心配ありません。

生活に必要な家具類が備え付けられている

手軽さも短期滞在でマンスリーマンションを利用するメリットの一つに挙げられます。一般的な賃貸物件はキッチンやトイレといった基本的な設備以外は用意されていないため、契約後に自分で購入をしなくてはいけません。マンスリーマンションは家具や家電製品など生活に必要となる道具類が備え付けられていて、住み始めたその日から快適な生活が送れます。自分で購入する場合は退去時に持ち帰るか費用を支払って処分する形となりますが、マンスリーはそのままの状態で出ることが可能です。

ライフラインの契約が不要

マンスリーマンションでは、ガスや水道といったライフラインは不動産会社によって予め契約されています。そのため、自分で改めて契約を交わす必要がなく、初日から快適な生活ができるのが魅力です。利用料金に光熱費が組み込まれている物件を選べば、エアコンやテレビを気兼ねなく使用することができます。大半の所がインターネット使い放題となっているので仕事でパソコンを使用する人も安心です。

1ヶ月以上の滞在を目的に借りることのできるマンションがマンスリーマンションと呼ばれます。家具・家電といった日常生活に必要な道具があらかじめ備え付けてあることが多く、初期費用が少なく済むのが利点です。