Explore An Occupation

転職時に知っておきたい外資系のメリットとデメリット


外資系のメリットとは

転職先として外資系企業を検討している人は、そのメリットとデメリットをしっかりと頭に入れておく必要があります。まず、外資系のメリットですが、もっとも大きいのは徹底した成果主義が導入されているところが多いという点です。年齢や性別を問わず、実力さえあれば責任ある仕事を任せてもらえますので、自分のスキルに自信があって腕試しをしたいと考えているような方にとっては魅力的な職場であると言えるでしょう。また、日系企業と比べて給与水準が高いところが多いというのもメリットです。ただし、多くの外資系では、日系企業と比べて年金制度がそこまで充実していなかったり、そもそも企業年金がないところもありますので、そういった点も考慮して転職するかどうかを判断する必要があります。

外資系のデメリットとは

一方、外資系企業には、注意が必要なデメリットもいくつか存在します。デメリットの一つ目は、いつでも簡単に首を切られる可能性があるという点です。基本的に外資系の雇用形態は年俸制となっており、実力が待遇に見合っていないとみなされれば、翌年の契約は更新されません。また、場合によっては本国の方針によって国内からの撤退を決めるケースもあるため、そうなってしまうと有無を言わせずリストラされてしまうおそれもあるのです。また、二つ目のデメリットは、意外とコネクションが重視されるという点です。完全な実力主義だと思って入社すると、社内外でコネクションがないと仕事にならずに面食らう人が少なくありません。そのため、自分なりに業界内のコネクション作りに励んだうえで、外資系を目指すようにするのがおすすめです。

外資系求人の専用サイトでは給与が月給ではなく年俸で表記されることが一般的ですが、その年俸に残業代が含まれるかどうかは企業によってまちまちなので確認が必要です。