Explore An Occupation

始めて知った!運転手3つの働き方と必要資格


役員のための働き方直接雇用と派遣社員

役員運転手の業務を配置している企業で、共通することは大規模な企業が多いということです。企業にとって役員専属の役員運転手の職域は誰でも良いというわけではありません。また役員運転手は直接雇用として役員が在籍する企業で働く場合と、派遣社員としてタクシー会社などから出向している場合もあります。働き方が直接雇用のケースでは、特定の役員の移動手段となるため役員が納得できる対応力が必要になります。働き方が派遣の場合も、役員の移動手段として使用する車は企業が管理する社用車が殆どです。企業との契約は長期もありますが1日のみという契約もあることが特徴です。どちらの働き方の役員運転手もメインとなる仕事は役員の送迎です。

運転手それぞれに必要な資格

役員運転手になるために必要な必須資格は普通自動車第一種免許です。また雇用形態が派遣の場合は、運賃などが発生した場合に備えて普通自動車第二種免許が必要になります。ただ普通自動車第二種免許の取得資格は満21歳以上で、普通自動車第一種免許取得後から3年以上経過していることが最低条件です。どちらの雇用形態の場合でもタクシーやハイヤーなどの勤務経験がないと雇用されることは少ないといえます。その一方で有名人などが自身のステータスの誇示のため、雇用されていることが多いのが専属運転手の働き方の特徴です。また専属運転手の利用が適する人は、1日の中でタクシーやハイヤーなどを何度も利用する人といえます。そして専属運転手になるための求人条件も資格と経験値が求められます。

運転手の派遣は、二種免許を持つ人や運転歴が長い人、過去に事故や違反をしたことが無い人が重宝される傾向があります。