Explore An Occupation

外資系企業に転職する際の仕事の選び方とは


給与水準だけにとらわれないこと

外資系企業に転職する際に、給与水準だけを見てどこに行くかを決める人がいますが、これはあまりおすすめではありません。というのも、多くの外資系企業では徹底した成果主義を導入しているため、例え最初の給与水準が高かったとしても、そこでの仕事が自分に合わずに思ったように活躍できなかった場合には、翌年以降は大幅に金額が抑えられてしまう可能性があるからです。最悪の場合には解雇されてしまうケースも珍しくないため、転職先の外資系企業を選ぶ際には、給与水準だけにとらわれないようにしなければなりません。

自分のスキルを活かせるところを選ぶこと

次に、外資系企業を選ぶ際には、自分のスキルを最大限に活かせるところを選ぶようにするのがポイントです。例えば、営業職として活躍してきた人であれば、引き続き営業として働ける企業に転職することで、それまでに培ってきたスキルを使って高い成果を上げられるでしょう。いきなり畑違いの職種に飛び込むのではなく、なるべく自らのキャリアアップにつながるように、今までのキャリアの延長線上にある職種で働ける企業を見つけるというのが、外資系転職を成功させるうえでは重要なのです。

評価してくれる人がいるところを選ぶこと

外資系企業においては、上司から評価を得られなければすぐに首になってしまうおそれがあります。転職していきなり高い評価を得るのは簡単ではありませんが、もともと付き合いがあってそれなりに評価してくれている人がいるような企業であれば、そういったリスクは低くなりますので、もし転職先の候補にそういった企業があるのであれば、優先的に選ぶようにすればよいでしょう。

実力主義、自分の業務分掌がはっきりしている外資系転職はこれからの仕事の進め方の主流となると思われます。日本型の年功序列ではなく、結果を出すことで、自らにキャリアの向上が可能になります。